Tags

, , ,

This is about a newly discovered its true identity of a Renaissance painting.  Original English texts from The Kansas City Star with Japanese translation.

近頃、ジョルジョ・ヴァザーリの作品であることが判明した絵画についての記事です。The Kansas City Starウェブサイトから英語の原文と訳です。

***

KU historian discovers a masterpiece in our midst

Painting at KU art museum is the work of Renaissance artist Giorgio Vasari

カンザス大学(KU)の歴史学者、身近で名作を発見

KU美術館の絵画は、実はルネサンスの芸術家ジョルジョ・バザーリの作品だった。

Image: spencerart.ku.edu
Christ Carrying the Cross
十字架を担うキリスト

By ALICE THORSON
The Kansas City Star
文:アリス・ソーソン、ザ・カンザスシティ・スター

A decades-long art mystery has been solved, and the results will be on display starting this weekend in a new exhibit at the Spencer Museum of Art in Lawrence.
In 1953, a Renaissance painting titled “Christ Carrying the Cross” entered the collection at the University of Kansas art museum, but no one was sure who painted it.
Recently, a KU art historian, Sally Cornelison, has confirmed that the painting, dating to the mid-1550s or so, is a work by the prominent Renaissance painter Giorgio Vasari.

Image: Wikipedia

長年のミステリーが解決し、答えはローレンスのスペンサー美術館でこの週末から始まる特別展に展示される。
ルネサンス絵画「十字架を担うキリスト」は、1953年にカンザス大学美術館が取得したが、作者は不明だった。
近頃、同大学の歴史学者サリー・コーネリソン氏が、1550年代半ばに製作されたこの絵画を、著名なルネサンス芸術家ジョルジョ・バザーリの作品であると断定した。

That’s a big promotion — and very likely a big jump in value — for the painting, which measures 23 by 17 inches.
Small paintings by some lesser-known Italian artists have recently brought prices of four and five figures at auction, while comparably sized paintings by Vasari have sold in the $160,000 range.
The new exhibit, “Giorgio Vasari & Court Culture in Late Renaissance Italy,” marks the first time the Spencer’s work is being formally acknowledged as a Vasari, Cornelison said.

縦23インチ(60cm)横17インチ(43cm)のこの絵画にとって、それは大きな昇格となり、恐らく価値も飛躍することとなった。
そこまで有名ではないイタリアの画家による小型の絵画が、最近のオークションで、4桁から5桁で落札されたが、バザーリ作で同様の大きさの絵画は、160,000ドル(1,250万円)代の値がついた。
コーネリソン氏によると、今回の展覧会「ジョルジョ・バザーリと後期ルネサンスイタリアの宮廷文化」で、このスペンサー美術館の絵画は、公式にバザーリ作と認定されて初めての展示となる。

Vasari’s reputation rests not just on his achievements as an artist. He was an accomplished architect, and his book “Lives of the Artists” brought him even greater renown as a biographer who wrote about Michelangelo and other leading lights of Renaissance art. He was recently in the news for a fresco he painted in the Palazzo Vecchio in Florence, which researchers believe may be hiding a lost work by Leonardo da Vinci.

ヴァザーリの名声は、単に画家としての成功に留まらず、傑出した建築家であり、また、著書「芸術家列伝」により、ミケランジェロを始めルネサンス芸術の巨匠を書いた伝記作家としての方が、よく知られている。最近、ヴァザーリがフローレンスのヴェッキオ宮殿に描いたフレスコ画が、その下にレオナルド・ダ・ヴィンチの失われた作品が存在すると研究者が発表したニュースで話題になった。

“Christ Carrying the Cross” is one of dozens of artworks attributed to Vasari, who died at 62 in 1574. The standard catalogue of Vasari’s paintings, which is incomplete, Cornelison said, counts 124 works by him. The catalogue, published in 1989, included the Spencer painting, but identified it as a copy of a presumably lost Vasari.

「十字架を担うキリスト」は、1574年に62歳で亡くなったヴァザーリに帰属する多くの作品の一つだ。コーネリソン氏によると、ヴァザーリ絵画の標準的なカタログでは、未完成だが、作品数は124点を数える。1989年に出版されたカタログには、このスペンサー美術館の絵画も掲載されているが、失われたと見られていたヴァザーリの作品の複製画として記載されている。

The painting’s first owner was a monk, and for 2 1/2 centuries the painting hung in an orphanage in Florence, Italy. In 1833 it was purchased by a nobleman, and in 1902 it was bought as a Vasari at auction by Gilded Age sugar baron Henry Havemeyer and his wife Louisine, who were amassing a notable collection of art.

この絵画を最初に所有したのは修道士で、イタリア・フローレンスの孤児院に250年間掛けられていた。1833年に貴族が購入し、1902年には、大好況時代の砂糖王で、注目に値する美術品を収集していたヘンリー・ハベマイヤーとその妻ルイジーヌが、オークションでヴァザーリの作品として購入した。

Later, after Louisine Havemeyer’s death, the painting went up for auction again, but it was not listed as a Vasari.
The mystery of who painted it persisted until today.
“It’s been attributed to Francesco Salviati, Battista Naldini and others,” Cornelison said. “It had never really been looked at terribly closely in terms of its style, its relationship to Vasari’s other works and its history.”

その後、ルイジーヌ・ハベマイヤーが亡くなると、この絵画は再びオークションに掛けられたが、ヴァザーリの作品とは記載されなかった。
こうして、作者はだれなのかというミステリーが最近まで続いた。
コーネリソン氏は、「この絵画は、フランチェスコ・サルヴィアッティやバッティスタ・ナルディーニなど何人かの画家の作品とされていました。様式やヴァザーリの他の作品との関係性、来歴という点で、綿密に研究されてこなかったのです。」と語る。

detail: Christ Carrying the Cross by Giorgio Vasari II

Image: Spencer Museum of Art

Building on recent scholarship that pointed to a Vasari attribution, in spring 2011 Cornelison put on her detective cap.

Image: Wikipedia

“We know where this painting has been from the late 16th century until the museum bought it,” she said. “It belonged to a Florentine monk, Vincenzo Borghini. He was Vasari’s iconographer and worked on the schemes of several of Vasari’s major projects.

コーネリソン氏は、ヴァザーリの帰属を指摘する最近の研究を足がかりに、2011年春に調査を開始した。
「16世紀末から美術館が購入するまでのこの絵画の足跡はわかっています。かつて、フローレンスの修道士ヴィチェンツォ・ボルギーニが所有していました。ボルギーニはヴァザーリに図像学を助言していた人物で、ヴァザーリの主要なプロジェクトで何度も協力していました。」とコーネリソン氏は話す。

Further probing led Cornelison to conclude, “It is virtually certain that the painting is a small-scale reproduction of an earlier altarpiece that Vasari painted in Rome in 1553 for a Roman noblewoman, Ersilia Cortese, the niece-in-law of Pope Julius III, one of Vasari’s most important patrons.”

さらに調べを進めるうちに、このような結論に達した。「ヴァザーリの最も重要な後援者だった法王ユリウス3世の義理の姪にあたるローマ貴族エルシリア・コルテーゼの注文で、1533年にローマで制作した初期祭壇画の小規模複製画だということが、明らかになりました」。

For her research, Cornelison traveled to Italy, where she spent time looking at Vasari’s paintings. What she saw helped convince her that the Spencer’s piece is indeed a Vasari.
“There are so many rethinkings in the Spencer’s painting from his other works,” she said. “He recycled certain gestures and facial types.”
Opening today, Cornelison’s exhibit “brings together a variety of works that we know Vasari looked to in creating the composition of this painting,” she said.

調査の過程で、コーネリソン氏はイタリアに赴き、ヴァザーリの絵画を見て回った。実際に見たことで、スペンサー美術館の絵画が本当にヴァザーリのものであることに確信が持てた。
「スペンサー美術館の作品には、ヴァザーリの他の作品から再検討された部分がかなり見られます。身振りや顔の表情を再利用しています。」と語る。
今日からの展示で、コーネリソン氏は、「この絵画の構図を作成するにあたり、ヴァザーリが検討したことがわかっている様々な作品を集めています」と語った。

They include four woodcuts from Albrecht Durer’s “Small Passion” series, borrowed from the Nelson-Atkins Museum of Art, as well as a print of “Christ Carrying the Cross” by Martin Schongauer, also from the Nelson.
“Vasari and his contemporaries were very influenced by European prints. Those are the precedents,” Cornelison said.
The Metropolitan Museum of Art in New York also lent a Durer print for the show, along with a Vasari drawing and an engraving by Agostino Veneziano of a famous Raphael painting, another influence on “Christ Carrying the Cross,” she said.

Image: spaightwoodgalleries.com

たとえば、アルブレヒト・デューラーの木版画連作「小受難伝」から4枚を、ネルソン・アトキンス美術館から借受け、また、同美術館から、マーティン・ショーンガウアーの「十字架を担うキリスト」の版画も借りた。
「ヴァザーリや同時代の画家は、ヨーロッパの版画に深い影響を受けました。これはその先例です。」とコーネリソン氏が語る。
ニューヨークのメトロポリタン美術館から借りた、デューラーの版画やヴァザーリの素描画、そしてアゴスティーノ・ヴェネティアーノが制作した有名なラファエロの絵画にもとづいた銅版画も、「十字架を担うキリスト」に影響を及ぼしている。

One section of the exhibit looks at the relationship between Michelangelo and Vasari. The show also features rare books from KU’s Spencer Research Library, including first editions of Vasari’s “Lives of the Most Excellent Painters, Sculptors, and Architects” (1550, 1568), popularly known as “Lives of the Artists.”
Of course the centerpiece of the exhibit is Vasari’s “Christ Carrying the Cross,” which has been newly cleaned and restored by Nelson-Atkins conservator Scott Heffley.

Image: spencerart.ku.edu

展覧会の一部コーナーでは、ミケランジェロとヴァザーリの関係に着目している。また、KUのスペンサー学術図書館から希少本も展示されている。その中に、ヴァザーリの「芸術家列伝」で知られている「最も優れた画家・彫刻家・建築家列伝」(1550-1568)の初版本もある。
当然、ヴァザーリの「十字架を担うキリスト」が主要展示作品となっていて、ネルソン・アトキンス美術館の修復士スコット・ヘフリー氏が洗浄・修復した。

“It’s in really good shape,” Cornelison said. She has included a video in the exhibit that explains the techniques that Vasari used and the discoveries that emerged during an examination of the panel and Heffley’s cleaning. (The video and Heffley’s findings are also posted on the museum’s website, spencerart.ku.edu..)

コーネリソン氏は、「実に良好な状態です。」と語る。ヴァザーリが使用した技法や、パネルの調査やへフリー氏の洗浄の過程で明らかになった発見が登場するビデオも、美術展で上映される。(このビデオとへフリー氏の発見は、美術館のウェブサイトにも掲載されてる。)

The piece hung at the Nelson for several months following the cleaning.
“The Spencer Vasari has in the past been doubted as an autograph work by the artist,” said Ian Kennedy, curator of European painting and sculpture at the Nelson, “but now that it has been cleaned by Scott Heffley, it is quite clear not only that the pic is by Vasari, but also that it is an extremely good example of his work, with intense feeling in places, powerful details like the Michelangelesque helmets and very beautiful colors.”

洗浄後、この絵画はネルソン美術館に一定期間展示されていた。
ネルソン美術館ヨーロッパ絵画・彫刻学芸員のイアン・ケネディ氏は、「スペンサー美術館のヴァザーリは、長い間、本人の作品でなはいと考えられてきました。しかし、スコット・へフリー氏が洗浄した今、ヴァザーリ自身が制作した絵画であることが判明したのみならず、ところどころに見られる激しい感情表現、ミケランジェロ風のヘルメットのような迫力のある細部、とても美しい色遣いなど、ヴァザーリの作品の中でも群を抜いている絵画であることが明らかになりました。」と語る。

The Vasari painting will share some of the limelight with a painting from the collection of the Bob Jones University Museum & Gallery. Attributed to a painter known as Livo and depicting the conversion of St. Paul, it hung next to Vasari’s painting in the orphanage run by the Florentine monk. Both works remained there until 1833, when they were purchased by a nobleman.
The two works stayed together until the 1950s, but Cornelison discovered that by 1930, when the Vasari painting was auctioned, it was inexplicably attributed to an anonymous 16th-century painter. For the better part of a century, the work’s true identity was lost.

Image: spencerart.ku.edu

ヴァザーリの絵画と同様に注目すべき絵画が、ボブ・ジョーンズ大学美術館から来ている。リーヴォと呼ばれる画家の作品と考えられていて、聖パウロの回心が描かれている。フローレンスの修道士が孤児院でヴァザーリの絵画の横に掛けた。1833年に貴族が購入するまで、両絵画ともそこに掛かっていた。
この2作品は1950年代まで共に保管されていたが、コーネリソン氏の発見によると、ヴァザーリの絵画は、オークションに掛けられる1930年までには、どういうわけか無名の16世紀の画家の作品と見られるようになっていた。ほぼ100年間、この絵画の本当の作者がわからないままだった。

The scenario is not an uncommon one. Something similar occurred with a painting the Nelson-Atkins acquired in 1953. It’s a charming depiction of an aristocratic woman holding a little white dog in her lap. First attributed to another artist as “Portrait of a Lady,” new scholarship emerged in 1975 and the work is now identified as a painting of a woman named Madame Fréret Dericour by Joseph-Siffred Duplessis.
“It’s really a great story,” said Nicole Myers, the Nelson’s associate curator of European painting and sculpture. “In one fell swoop, the identity of the artist and the sitter were restored to this picture, which is truly one of the gems of the Nelson’s European collection.”

このようなシナリオは、珍しことではない。ネルソン・アトキンス美術館が1953年に取得した絵画でも、同様のことがあった。この絵画は、貴婦人が膝に白い子犬を抱えている魅力的な絵だった。最初は「夫人の肖像」として別の作家に帰属されていたが、1975年に改めて研究した結果、今では、ジョゼフ・シフレ・デュプレシス作のマダム・フレール・ドリクールという名の女性の絵画となっている。
ネルソン美術館ヨーロッパ絵画・彫刻部門の準学芸員ニコール・マイヤースは、「すばらしい話です。 ネルソンのヨーロッパコレクションの逸品であるこの絵画の作者とモデルの本当の名前が、一挙に判明したのです。」と語った。

Saralyn Reece Hardy, director of the Spencer Museum, is excited about the “the educational value and worth” that Vasari’s “Christ Carrying the Cross” brings to the Spencer and its audiences.
And she thinks the painting also speaks to today.
“Not only is this a beautiful, stunning and important picture,” she said. “I think it has contemporary relevance. Vasari was the prototype for the impresario of his time, taking the initiative and having the knowledge and insight to write about his contemporaries, but also having the creative acumen to make pictures like our beautiful ‘Christ Carrying the Cross.’ ”

スペンサー美術館館長サラリン・リース・ハーディ氏は、ヴァザーリの「十字架を担うキリスト」が、スペンサー美術館と来館者にもたらす教育的価値に期待をふくらませる。
そして、この絵画は、また、今日に語りかけていると考える。
「この美しくとても魅力的で重要な絵画は、現代にも通じると考えています。ヴァザーリは、同時代の指導的立場の模範でした。イニシアチブを取り、知識と洞察力をもって同時代人について記述し、同時に、創造的眼識をもって当館の「十字架を担うキリスト」のような絵画を制作したのです。」と語った。