This is the last half of the article “Duke of Devonshire to sell major Raphael drawing at Sotheby’s” about the two illuminated manuscripts to be sold.  Original English text from SPEAR’S website with Japanese translation.

SPEAR’Sウェブサイトのオークションの記事の後半部分です。由緒正しく目を見張るような彩飾写本のようです。英語の原文と訳です。

***

Tuesday, 4th September 2012

2012年9月4日(火)

Image: sothebys.com

Of the two illuminated manuscripts to be sold, Dr. Timothy Bolton, Specialist in Western Manuscripts, said: “These are everyone’s ideal of the perfect medieval manuscripts. They are lavishly illuminated, made for two of the greatest libraries of the late Middle Ages, dated and documented, filled with pictures of knights and jousts and battles and castles, flawlessly preserved, with dazzling pedigrees of royal and ducal provenances, and unseen on the market for 200 years.”

売りに出される2冊の彩飾写本について、西洋写本の専門家ティモシー・ボルトン博士は、次のように語っている。「この2冊は誰もが理想とする完璧な中世の写本です。贅沢に彩飾され、中世後期の偉大な2カ所の図書館のために制作され、制作日と証拠文献が残っており、騎士や馬上一騎打ち、戦いや城の絵で埋め尽くされ、完璧な状態で保存され、王室や公爵家の来歴という由緒正しい経歴があります。過去200年間市場で見ることがなかった芸術作品です。」

The first of the manuscripts, the Mystere de la Vengeance, estimated at £4-6 million, was illuminated for Philip the Good (1396-1467), Duke of Burgundy, probably the greatest royal art patron and book collector of the late Middle Ages. The manuscript is documented in the ducal accounts for July 1468, detailing the payments to the court artist Loyset Liédet for each of the manuscript’s 20 magnificent large illuminated miniatures (at a price of 18 livres a picture).

Image: Wikipedia

一方の写本 Mystere de la Vengeanceは、予想落札価格が400ポンドから600ポンドで、恐らく中世後期の最も偉大な芸術保護者で本の収集家といっていい、ブルゴーニュ公フィリップ善良公(1396-1467)のために制作された。この彩飾写本は1468年7月の公爵家の会計簿に記載があり、宮廷画家ロイゼ・リデに宛てた、20枚の素晴らしい大きめの彩飾細密画の支払の記録が、それぞれ残っている。(1枚18リーブル)

The Mystere de la Vengeance is the deluxe 2- volume text of a play in French, which was performed for Philip the Good himself. It opens with a list of characters, and is laid out like a modern film or play script, with stage directions and speaking parts.    The breath-taking pictures are by far the finest illustrations of medieval drama in any illuminated manuscript.

Mystere de la Vengeanceはフランス語による豪華な2冊の演劇本で、プィリップ善良公自身が演じた。登場人物のリストに始まり、現代の映画や演劇の台本のように、ト書きと台詞で構成されている。この息をのむほどすばらしい細密画は、彩飾写本の中でも群を抜いて洗練された技法で中世の芝居を描写している。

The manuscript passed from the library of Philip the Good into those of Charles the Bold (1433-77), Mary of Burgundy (1457-1482) and the Holy Roman Emperor Maximilian of Austria (1495-1519), whose son, Philip the Handsome (1478-1506), also had the play performed. It was acquired by the sixth Duke of Devonshire at the celebrated Roxburghe sale of 1812, when it sold for £493.10s., then the highest price ever paid for any illuminated manuscript.

Image: chatsworth.org

この写本は、フィリップ善良公の図書館から、シャルル豪胆公(1433-77)、神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世オーストリア公(1457-1482)、その息子でやはり演劇を上演したフィリップ美公 (1478-1506)へと引き継がれた。そして、1812年の有名なロックスバラ公のオークションで492ポンド10シリングの価格がついているところを、第6代デボンシャー公爵が購入した。彩飾写本として当時の過去最高額だった。

The second illuminated manuscript is a romance of chivalry – a literary account in French of the fictional and swashbuckling Deeds of Sir Gillion de Trazegnies in the Middle East. It was illuminated in 1464 for Louis de Gruuthuse (1422-92), courtier to Philip the Good and the greatest private bibliophile in the Burgundian Netherlands. It was afterwards in the library of François I, king of France 1515-47. The manuscript is illustrated with 8 large and 44 smaller miniatures. Like the manuscript of the Vengeance, it is in flawless, sparkling condition.

Image: Wikipedia

もう1冊の彩飾写本は騎士物語で、フィクションで向こう見ずな冒険物語Deeds of Sir Gillion de Trazegnies in the Middle East(トラジェニーのサー・ギリヨンの中東での偉業)がフランス語で記述されている。この写本は、フィリップ善良公の宮廷に仕えて、ブルゴーニュ公爵領ネーデルランドの偉大な愛読家であったルイ・ド・グルチューズ(1422-92)のために、1464年に制作された。その後、フランス国王フランソワ1世(1515-47)の図書館に渡った。この写本は、8枚の大きめの細密画と44枚の小さめの細密画で構成されている。上記の写本と同様に、非の打ちどころのないまばゆいばかりの状態である。

The manuscript, estimated at £3-5 million, tells the tale of Gillion, a quintessentially medieval romance with knights on horseback, jousting, a love triangle and fantastical accounts of the court of the Sultan. On his way back from pilgrimage to the Holy Land, Gillion is taken prisoner by the Sultan at Cairo. Fortunately for him, he is spared from death by the Sultan’s love- struck daughter, who, on receipt of the news that his wife and children at home in Trazegnies have died, he proceeds to marry.

この写本は、予想落札価格が300万ポンドから500万ポンドで、ギリヨンの物語が語られている。馬上の騎士、一騎打ち、三角関係、スルタン宮殿の夢のような話など、典型的な中世騎士物語である。聖地巡礼からの帰りに、ギリヨンはカイロのスルタンに囚われる。幸いなことに、ギリヨンに夢中になったスルタンの娘の助けで、死を免れる。そして、故郷に残してきた妻子の死を聞き、2人は結ばれることになる。

Gillion later learns, however, that his first wife and children are still alive. In order to resolve the sin of bigamy, his two wives enter a convent in Belgium and, on Gillion’s death, his heart is buried between them. The bibliographer and founder of the Roxburghe Club exclaimed in 1817, “The reader sighs to take leave of such a volume

ところが、後日、ギリヨンは妻子が実は生きていたことを知る。二重結婚の罪を償うため、2人の妻はベルギーの修道院に入る。ギリヨンが死ぬと、その心臓を2人の間に葬る。1817年に書誌学者であるロックスバラ倶楽部の創始者は、「このような本を読み終えると、みなため息をつく」と声高に語った。

From Sotheby’s website
サザビーズのウェブサイトから

Video ビデオ

Manuscripts: Renaissance Masterworks from Chatsworth

Manuscripts: Renaissance Masterworks from Chatsworth