Tags

, , ,

A sculpture made from Leonardo Da Vinci’s hand-carving wax statue is now exhibited in the US.  Original English texts with Japanese translation.

レオナルド・ダ・ヴィンチ自らが制作した原型から作成された像が、今、米国で展示されているようです。英語の原文と和訳です。

***

<Published on Jul 11, 2012 by ><のYouTubeビデオ 公開:2012年7月11日>

BBC News

28 August 2012 Last updated at 15:19 GMT
2012年8月28日 最終更新時間:15:19 GMT

Leonardo da Vinci’s Horse and Rider

レオナルド・ダ・ヴィンチの騎馬像

A replica of Leonardo da Vinci’s sculpture Horse And Rider has been put on display in Beverly Hills, California. The reproduction bronze was created by the American Fine Arts Foundry using a mould of the original beeswax statue that was hand-carved by the artist more than 500 years ago. It is considered to be the only surviving example of Da Vinci’s sculpture work.

レオナルド・ダ・ヴィンチの彫刻「騎馬像 Horse And Rider」の複製が、米カリフォルニア州ビバリー・ヒルズで展示されている。このブロンズ像は、 American Fine Arts Foundry(アメリカン・ファインアート鋳造所)が、500年以上前にダ・ヴィンチ自ら手彫りした蜜ろう像の原作から制作した。この像は、ダ・ヴィンチが制作した彫刻で唯一現存するものと考えられている。

Photo: BBC News

*

Art encounter website

Timeline

年表

1508

Image: Wikipedia

From a block of beeswax, Leonardo da Vinci creates a model of a horse and rider in full military regalia. The work is thought to be the model for a much larger monument to Leonardo’s friend and patron Charles d’Amboise, French governor of Milan.

1508年
レオナルド・ダ・ヴィンチは、蜜ろうの固まりから、軍服盛装の騎馬像の模型を制作した。友人で保護者でもあったフランス人でミラノ公国総督シャルル・ダンボワーズのための、大規模なモニュメントのひな形と考えられている。

May 2, 1519

Photo: Wikipedia

Leonardo dies in Amboise, France. It is believed that King Francois I was at Leonardo’s bedside at death. Original wax model of “Horse and Rider” is inherited by Leonardo’s close friend, Francesco Melzi.

1519年5月2日
ダ・ヴィンチは、仏アンボワーズで生涯を閉じる。国王フランソワ1世が死に際して付き添ったと言われている。「騎馬像」の蜜ろう模型は、ダ・ヴィンチの親友、フランチェスコ・メルツィが受け継ぐ、

1519 – circa 1930s
“Horse and Rider” remains in the possession of Count Francesco Melzi and his descendants in Italy. So far as can be ascertained, no attempts to copy or in any way complete Leonardo’s beeswax model in bronze are ever made.

1519年〜1930年代
「騎馬像」はイタリアのフランチェスコ・メルツィ伯爵から代々子孫に引き継がれた。現在わかっている限り、模造やその他の方法で、ダ・ヴィンチの蜜ろう模型からブロンズ像が制作さたことは一度もない。

After the death of Leonardo da Vinci, his student Francesco Melzi inherited all of his drawings and manuscripts and took them back to his home in Milan. When Melzi passed, Leonardo’s collection was sold to the sculptor Pompeo Leoni (c.1533-1608). Leoni pasted Leonardo’s drawings in several albums, which was eventually brought to England by Thomas Howard, the 2nd Earl of Arundel. Due to the Civil War, Howard left England and there was no trace of Leonardo’s album until one was miraculously recorded into the Royal Collection at the Whitehall Palace in 1690. Leonardo’s album now resides in solander boxes in the Royal Library at Windsor Castle with a selection of drawings on public display.

レオナルド・ダ・ヴィンチの死後、弟子のフランチェスコ・メルツィは素描画と手稿すべてを引き継ぎ、ミラノの自宅に持ち帰った。メルツィが亡くなると、ダ・ヴィンチのコレクションは彫刻家ポンペオ・レオーニ(1533頃〜1608)に売却された。レオーニは、ダ・ヴィンチの素描画を複数のアルバムに貼付け、最終的にアランデル伯爵二世トーマス・ハワードがイギリスに持ち帰った。イングランド内戦が勃発してハワード伯爵はイギリスを去り、ダ・ヴィンチのアルバムは行方知れずになったが、唯一1冊のみが、奇跡的に1690年にホワイトホール宮殿の王立コレクションに記録が残っている。現在、ダ・ヴィンチのアルバムは、素描画のコレクションと共に、書籍型収納箱に入れてウィンザー城の王立図書館に保管され、一般に公開されている。

Pre-World War II
“Horse and Rider” remains in the hands of private collectors in England. At some point it is moved (thought to be prior to World War II) from Italy to Geneva Switzerland for safekeeping.

第二次世界大戦前
「騎馬像」は英国の個人収集家が所有していた。ある時期に、(第二次世界対戦前と考えられている)保管のためにイタリアからスイスのジュネーブに移管された。

1969
Black and white photos of the original “Horse and Rider” beeswax sculpture are taken, some of which will appear in the Queen’s Collection Catalogue Raisonné of Leonardo drawings when “Horse and Rider” is added to it in 1987.

1969年
オリジナルの蜜ろう彫刻「騎馬像」の白黒写真が撮影され、その中の何枚かは、1987年に「騎馬像」がダ・ヴィンチの素描画が女王のコレクション・カタログ・レゾネに加えられたときに、挿入された。

The photos reveal damage to the rider and horse, as well as general deterioration. Almost 500 years since its creation, time has taken a toll on the original beeswax art. The sculpture is missing the hands and feet of the rider as well as one leg and the ears of the horse. The beeswax is rapidly deteriorating.

写真には、騎馬像の傷と経年劣化が写し出されている。制作後500年が経過し、オリジナルの蜜ろう作品に損傷を与えていた。彫刻の人物の両手足、並びに、馬の片足と両耳が失われている。蜜ろうは劣化が早い。

July 1985
A group of businessmen, one of whom is friends with Richard A. Lewis, travels to Switzerland and is shown the beeswax “Horse and Rider” with the intent of selling it. An original mold of “Horse and Rider” is made; the model returns to a private collection.

1985年7月
実業家の一行がスイスを訪れた際、売却目的でこの蜜ろうの「騎馬像」を紹介された。実業家の一人が、リチャード・A.ルイスの友人だった。「騎馬像」のオリジナルの鋳型が作成され,模型は個人収集家に返された。

Professor Pedretti, world’s foremost Leonardo expert, drafts a letter to Mr. Paul Wagner, one of the members of a buying partnership desiring to purchase the wax mold. Professor Carlo Pedretti, in his capacity of Armand Hammer Professor of Leonardo Studies, University of California, Los Angeles, states in writing: “In my opinion, this wax model is by Leonardo himself…”

ダ・ヴィンチの世界的権威ペドレッティ教授は、蜜ろう模型の購入を希望している共同購入者の一人、ポール・ワグナー氏宛の手紙を起草した。カルロ・ペドレッティ教授は、カリフォルニア大学ロサンゼルス校アーマンド・ハマー・レオナルド・ダ・ヴィンチ研究所所長という立場で記述した。「私の考えでは、このろう型はダ・ヴィンチ自身の作である。」

1987
“Horse and Rider” is officially catalogued in the Queens Collection at Windsor Castle, complete with photos and partial sketches. The Catalogue Raisonné entry reads, in part, “Horse and Rider Queens Collection at Windsor Castle… Fragmentary was statuette in a private collection in London, formerly in the Sangiorgi Collection in Rome, said to have come from the Melzi estate at Vaprio d’ Adda, Italy.”

1987年
「騎馬像」は正式にウィンザー城の王室コレクションの目録に記載され、写真と部分的なスケッチが掲載された。カタログ・レゾネの記載の一部は、「ウィンザー城王室コレクションの騎馬像。。。ロンドンの個人収集家か所有していた。断片は小像で、その前は、ローマのサンジョルジ・コレクションにあり、イタリアのヴァプリオ・ダダにあるメルツィ邸にあったものと伝わる。

1988
The original mold is moved to New York City. During this time it was generally determined that because of a cut in the soft mold it could not be used for reproductions. The mold remained in New York until Richard A. Lewis, of Indianapolis, Indiana entered the picture.

1988年
オリジナルの鋳型はニューヨークに移された。その当時、鋳型の断面が柔らかいことから、複製には適さないと判断された。鋳型は、インディアナ州インディアナポリスのリチャード・A. ルイスが関与するまで、ニューヨークに保管された。

Richard A. Lewis invested to help finance a plan to make reproductions from the original mold taken from the beeswax. When no reproductions were produced, Richard A. Lewis traveled to New York to obtain the only collateral he had, which was the original mold. After meeting with a New York foundry, Richard A. Lewis enters into an agreement to purchase the mold and all supporting documents. Richard A. Lewis takes the original mold to Indiana for safe storage.

リチャード・A. ルイスは、蜜ろうから取られたオリジナルの鋳型から複製品を制作する計画に、資金援助するために投資した。複製品が制作されないと知ると、リチャード・A. ルイスは唯一の担保を入手すべくニューヨークに赴いたが、それがオリジナルの鋳型だった。ニューヨークの鋳造所を訪れ、鋳型と関係書類すべてを購入する手続きを取った。リチャード・A. ルイスは、オリジナルの鋳型をインディアナに持ち帰り保管した。

2010
Mr. Lewis’ retirement from real estate prompts his interest in the “Horse and Rider” original mold. During 2010 and 2011 Mr. Lewis meets with numerous experts with his overriding objective to examine the best options for sharing “Horse and Rider” with the world.

2010年
リチャード・A. ルイスは、不動産事業から引退すると「騎馬像」のオリジナルの鋳型に即座に目を向けた。2010年から2011年にかけて、多数の専門家に最優先課題を持ちかけ、「騎馬像」を世に出す最良の方法を探った。

2011
Richard A. Lewis presents the mold to American Fine Arts Foundry, Burbank, California. Their experts determined that the mold can successfully produce a wax master of which reproductions can be made. The decisions on how many to produce, patina options, introductory pricing, and how best to benefit The Salvation Army Charity were finalized.
Richard A. Lewis partners with Art encounter™, Las Vegas, Nevada, designating Art encounter™ the Worldwide Distributor for the Horse and Rider.

2011年
リチャード・A. ルイスは鋳型を、カリフォルニア州バーバンクのアメリカン・ファインアート鋳造所に見せた。専門家は、鋳型からろう原型を作成し、複製品を制作できると判断した。複製品の数、パティーナ(古色化)の選択、初版特別価格、Salvation Army Charity(救世軍社会事業)への寄付金が、決定した。
リチャード・A. ルイスはネバダ州ラスベガスのArt encounterと協賛し、騎馬像の販売業者に指名した。