これは、このウェブサイトに載っていました。

マリー・アントワネットの娘マダム・ロワイヤルが、家族でタンプル塔に幽閉されていたときのことを語ったメモワールです。フランス語です。Google Translateと想像力を駆使して、出だしの段落をいくつか意訳してみました。どなたか、フランス語を読める方、教えていただけるとても有り難いです。
****

ー 画像: http://penelope.uchicago.edu

MÉMOIRE
ÉCRIT PAR
MARIE-THÉRÈSE-CHARLOTTE
DE FRANCE
SUR LA CAPTIVITÉ
DES PRINCES ET PRINCESSES SES PARENTS
DEPUIS LE 10 AOUT 1792
JUSQU’A LA MORT DE SON FRÈRE
ARRIVÉE LE 9 JUIN 1795

1792年8月10日から弟の死の1795年6月9日まで
王子と王女の幽閉生活に関する
メモワール
マリー・テレーズ・シャルロット・ド・フランス著

++++

Publié sur le manuscrit autographe

appartenant à Madame la Duchesse de Madrid

マドリード公爵夫人所有の手書き原稿に基づき出版

画像:http://penelope.uchicago.edu

PARIS
LIBRAIRIE PLON
E. PLON, NOURRIT et Cie, IMPRIMEURS-ÉDITEURS
RUE GARANCIÈRE, 10

パリ、プロン・ライブラリ
E. Plon, Nourrit et Cie, Imprimeurs-Editeurs
ガランシエール通り10番地

++++

(présentation)

Il y a cent ans que le roi Louis XVI entrait au Temple, et que sa fille, Madame Royale, en traçant la première ligne de ce Mémoire, ouvrait la comptabilité lamentable où allaient s’inscrire, à leur date, l’ouvrage et la torture de chaque jour.

(はじめに)

100年前、国王ルイ16世はタンプル塔に入った。このメモワールの最初の行を記述した国王の娘マダム・ロワイヤルは、悲しみに満ちた辛い日々を語った。

Les lignes houleuses de son manuscrit sont frissonnantes encore, on le dirait, du tremblement de sa petite main et de battements précipités de son cœur. C’est qu’à la façon de cet étrange instrument qui emmagasine les sons, cet écrit a emmagasiné des douleurs infinies. Quand elles s’en échappent gémissantes, enfantines encore, malgré le siècle dont elles sont vieillies, peut-il être une âme qui ne tressaille à les entendre ?

手書きの文章は未だ震えていて、小さな手は震え心臓は波打っていたのだろう。これが、この奇妙な楽器が音を留め、永遠に苦悩の日々を書き留める方法なのだ。100年が経過していても、心震えずに聞くことはできない。

Leurs voix, hélas ! n’égarent pas à travers des jeux d’imagination. Ce qu’elles redisent est une histoire vraie, où des crachats et une couronne d’épines ont laissé leurs empreintes, comme sur le voile de Véronique.

その声は、想像上のお芝居を彷徨っているのではない。その語りは真実なのだ。聖人ヴェロニカのべールのように、この語りにはつばや茨の冠のあとが残っている。

This passion, she also has the right to its centenary! When, on the threshold of 1893, France returned to greet the great ancestors is it not just that, over their heads, the way they cast those crucified?

この受難。100周年にあたりそう呼ぶことができる。1893年の年初に、フランスは、この十字架にかけられた偉大な先祖を振り返る。

ー 画像: http://penelope.uchicago.edu

***

シカゴ大学図書館のレコード