Tags

, , , ,

A new theory on The Last Supper by Leonardo Da Vinci posted on the Independent.  The original English text with Japanese translation.

The Independentに載っているレオナルド・ダ・ヴィンチ作「最後の晩餐」に関する新説です。英語の原文と和訳です。

***

The other Da Vinci code: did Leonardo paint himself into The Last Supper?

もう一つのダ・ヴィンチ・コード:ダヴィンチは「最後の晩餐」に自画像を描いたのか?

 
For years scholars have wondered what he looked like. But was the answer staring them in the face all along?
 
長年、研究者はダヴィンチがどのような容貌だったのかを追求してきた。だが、その答えは最初から研究者を見つめていたのでは?
 
 
independent.co.uk

Image: independent.co.uk

Friday 17 August 2012
2012年8月17日(金)

It is a question that has fascinated art historians: what did Leonardo da Vinci look like?
The Renaissance genius left no youthful self-portraits, although academics have long suspected that he may have inserted his likeness into one of his own masterpieces.
But now one art expert has proposed a tantalising new theory – that Leonardo actually depicted himself, twice, in The Last Supper, one of art’s most famous paintings.

ここに美術史研究家を魅了してきた問いがある:レオナルド・ダ・ヴィンチはどのような容貌だったのか。
ルネサンスの天才ダ・ヴィンチは、若い時の自画像を残していない。ただ、研究者は、長い間、作品のどれかに自分に似た姿を描き込んでいるのではないかと考えてきた。
ところが今,一人の美術研究家が非常に興味深い新説を投げかけている。ダ・ヴィンチは、実は、最も良く知られた絵画である「最後の晩餐」に2回自分を描いているという説である。

Ross King, the author of the international bestseller Brunelleschi’s Dome, believes Leonardo used his own face for the apostles Thomas and James the Lesser in the 500-year-old mural in Milan.
His evidence lies partly in a little-known poem written in the 1490s – when Leonardo was painting The Last Supper. Its author, Gasparo Visconti, was a friend of the artist and, like him, a Sforza court employee.
In humorous verse, Visconti mocks an unnamed artist for putting his self-portrait into his paintings – “however handsome it may be” – and with his own “actions and ways”, namely gestures and expressions.

国際的にベストセラーとなった「ブルネレスキのドーム」の著者、ロス・キング博士は、ミラノの500年前の壁面に、ダ・ビンチが自分の顔を12使徒のトマスと小ヤコブとして描いたという。
その証拠の一部は、ダ・ヴィンチが「最後の晩餐」を描いていた1490年代に書かれたあまり知られていない詩に起因する。作者のガスパロ・ヴィスコンティはダ・ヴィンチの友人で、ダ・ヴィンチと同様にスフォルツァ家に仕えていた。
ヴィスコンティは、ユーモアのある詩で、名前は伏せているが、自画像を作品に描き込んだ画家をからかっている。「いくら目鼻立ちが整っていたとしても」、また、自分の「動作とやりかたで」、つまり、身振りと表情で描いているというのだ。

Leonardo’s own good looks were legendary, recorded by his 16th century biographer, Giorgio Vasari, as “endowed by heaven with beauty, grace and talent”. And Thomas’s upraised finger gesture in the painting was viewed by contemporaries as a Leonardo trademark.
Dr King also points to a red chalk drawing, believed to depict Leonardo around 1515, sketched by one of his assistants. It shows a classically handsome man with a Greek nose, flowing hair and a long beard – “a rare sight on the chins of 15th century Italians”, he notes. In The Last Supper, Thomas – to the right of Christ – and James the Lesser – second from left – are reminiscent of that image – both with a Greek nose, flowing hair and a beard.
Dr King told The Independent: “The Last Supper is the only work that no one – either crackpot or academic – has tried to identify as a Leonardo portrait.”

ダ・ヴィンチ自身が端正な顔立ちだったことは、伝説になっている。16世紀の伝記作家ジョルジョ・ヴァザーリは、「美しさ、気品、才能を天から授かっている」と書き残している。そして、壁画のトマスが指を天に向けている仕草は、同時代人がダ・ヴィンチの特性と見ていた。
キング博士は、また、弟子が描いた1515年頃のダ・ヴィンチと思われる赤いチョークの素描画を指摘している。その絵の人物は、ギリシャ風の鼻をした古典的な美しい容姿の男性で、流れる髪に長い髭、「15世紀のイタリア人には珍しい顎」と書いている。「最後の晩餐」では、トマス(キリストの右)と小ヤコブ(左から2人目)がそのイメージに似ており、両方ともギリシャ風の鼻に長い髪と髭が描かれている。
キング博士がインディペンデント紙に話したところによると、「最後の晩餐は、変わり者も学会も誰もダ・ヴィンチの肖像画を認めようとしてこなかった唯一の作品だ。」

Bloomsbury Publishing will publish his latest research in Leonardo and The Last Supper on 30 August, coinciding with its choice as BBC Radio 4’s Book of the Week.
Little of Leonardo’s original mural, painted for the refectory of the Santa Maria delle Grazie monastery, survives today. Besides deteri oration, Allied bombing exposed it to the elements and its subsequent restoration left critics divided.
In his book, Dr King writes that “Leonardo-spotting has become a popular pastime” with numerous supposed identifications. He adds that the most famous is the supposed self-portrait of an old man in red chalk. However, as it is now believed to date from the 1490s – contemporary with The Last Supper – it cannot be a self-portrait.
Charles Nicholl, the noted Leonardo scholar, said: “Of all the apostles that [Leonardo] would wish to be identified with, I think Doubting Thomas would be top of his list because Leonardo was a great believer in asking questions rather than accepting what people tell you.”

出版社のブルームズベリー社は、博士のダ・ヴィンチと「最後の晩餐」に関する最新の研究内容を8月30日に出版する予定で、奇しくもBBC ラジオ4が「今週の一冊」でとりあ上げる日と重なっている。
ダ・ヴィンチが、サンタ・マリア・デッラ・グラツィエ修道院の食堂に描いた壁画の原画は、ほとんど残っていない。劣化に加え、第二次世界大戦の連合軍の爆撃で風雨に晒され、その後の修復は批評家の意見を二分している。

it.wikipedia.org

Image: Wikipedia

キング博士は、その著書で、様々な仮説と共に「ダ・ヴィンチ探しはずっと人気がある。」と書いている。もっともよく知られているのは、赤チョークで描かれた老人の自画像と思われている素描画だ。だが、今では、最後の晩餐と同時代の1490年代と言われているので、この素描画は自画像ではあり得ない、と著書に書いている。
著名なダ・ヴィンチ研究者のチャールズ・ニコールはこのように話す。「ダ・ヴィンチが自画像だと認められるのを願ったとしたら、全ての使徒の中で『疑いのトマス*』が最も適しているだろう。というのは、ダ・ヴィンチは、誰かが言うことを受け入れるというよりは、疑問を投げかけることを強く信望する人物だったから。」

* 「疑いのトマス(Doubting Thomas)」とは、使徒トマスが実際にキリストの傷に触れるまで、キリストの復活を信じなかったという逸話から、直接的、物理的、個人的な証拠がなければ信じない人、つまり、疑い深い人のこと。