Tags

, , , , , , , , ,

This is a heartwarming story from delmarvanow.com.  Original English text with Japanese translation.

一人のアーティストの心温まる話です。米地方紙delmarvanow.comの記事から、英語の原文と和訳です。

***

Disease doesn’t dull eye for art

Artist shifts creative focus

病はアートを見る目を曇らせない

アーティスト、創作活動の焦点を転換

Jul. 25, 2012

2012年7月25日

Illustration: CapeGazette.com

BETHANY BEACH — In college, there were commercial art students and there were fine art students. Don’t get them confused.
Richard Mathews was studying to be a fine artist. He and his constituents looked down on the commercial artists. “We were going to be great artists,” Mathews said.
Now 80, Mathews reflects on his college days and calls himself a snob. He ended up a commercial artist and made a 60-year career of the art form he once raised his eyebrow toward.
“I ended up enjoying the commercial part. It was challenging. It was something I didn’t think about,” Mathews said. “It was a whole new thing (that) I totally dismissed when I was in school.”

米デラウェア州ベタニービーチ:大学には、コマーシャルアートの学生と芸術の学生がいる。混同してはいけない。
リチャード・マシューズは、芸術を学んでいた。マシューズと仲間は、コマーシャルアートの学生を見下していた。「わたしたちは、偉大な芸術家になることをめざしていた。」とっマシューズは話す。
80歳になった今、マシューズは学生時代を振り返り、当時の自分をスノッブと呼ぶ。結果的にコマーシャルアートのアーティストとなり、かつて眉をひそめたアート表現の形態で60年間のキャリアを積んだ。
「わたしは、コマーシャルの方に進むことになった。やりがいがあった。考えもしなかったものだった。」とマシューズは語る。「それはまったく未知の世界で、学生時代には完全に退けていた。」

Mathews has created thousands of pieces over the years — at least it feels that way, he joked. He’s worked in oils, watercolors, inks and pastels, but perhaps his signature trademark is the art he’s never shown to the public.
Everywhere Mathews goes, he’s accompanied by his trusty sketchbook. It was a way to prevent himself from being bored, as Mathews describes it. His sketchbook is filled with drawings created everywhere from doctor’s offices to the beach, cafeterias to the bus.
“He’s dedicated. It’s obvious he loves what he does,” said Laura Hickman, whose relationship with Mathews dates back to their time together on the Southeastern Delaware Artists Studio Tour. “I’ve seen him in a meeting. Instead of idly sitting there, he has a sketchbook and he’s drawing what’s around him.”

マシューズは、長年の間に何千もの作品を作り出した。少なくともそう思えると冗談を言った。作品は、油絵、水彩画、インク画、パステル画だが、おそらく代表作は非公開作品だろう。
どこへ行くにも、マシューズは頼みのスケッチブックを持って行った。これは退屈を避ける方法なのだ、とマシューズが説明する。そのスケッチブックには、病院から砂浜、カフェテリア、バスまで、ありとあらゆる場所の素描が描かれている。
「マシューズはひたむきなの。自分のしていることが大好きなのは確かよ。」と、サウスイースト・デラウェア・アーティスト・スタジオ・ツアーで共に行動して以来長年の親友であるローラ・ヒックマンは話す。「会議の場でのマシューズを見てきたわ。何もしないでじっと座っている代わりに、スケッチブックに周囲のものを描いていたわ。」

Recently, while looking through old sketchbooks, Mathews took a journey back in time and discovered many pieces he could transform into paintings — well, that he wishes he could transform into paintings.
For 11 months, Mathews has battled Leber’s Disease, a rare genetic eye disorder that distorts one’s vision to the point in which a loss of sharpness and color may occur. It also limits central vision, which is necessary for reading, driving and recognizing faces.
“It’s like walking around in a lazy fog,” Mathews said. “I was told by my ophthalmologist I should be able to do some work, but I haven’t figured out how to do it. It’s so difficult. I think of myself as a draftsman and I won’t be able to do that kind of work.”

最近、昔のスケッチブックを見ていて、マシューズはその頃に想いを馳せ、絵画に描き直すことができそうな素描を見つけた。正確には、マシューズはそうできたらいいのにと思った。
11ヶ月の間、マシューズはレーバー病と戦ってきた。レーバー病とは、珍しい遺伝性の視力障害で、視野を歪めて視力や色彩を失うこともある。また、読書や運転、顔を見分けるのに必要な視野の中心部分が欠けることもある。
「まるで靄の中を歩き回っているようだ。」とマシューズは話す。「眼科医には、何かしら描くことができるはずだと言われたが、どうすればいいのか、まだわからないでいる。ほんとうに難しい。自分は線画を得意としているが、もうそういったものは描けないだろう。」

Mathews is considered legally blind, and doctors say his condition will not get worse. There’s even a 5 percent chance his sight could improve, even return to what he’s accustomed to.
But Mathews isn’t putting too much faith in that miraculous change in fortune. Instead, he’s trying to look past the days of portraits and sketches of figures and — when he’s able — shift his focus to simplified lines and shapes.
“Seeing is difficult. I did see linear. I saw the outline of things. (Now) I just see big shapes. I haven’t been able to translate them into images or paintings. I see them in my mind, but when I go to do it they don’t come out.

マシューズは、法的には視覚障害者という扱いで、医師からは状況はこれ以上悪化しないと言われている。それどころか、回復する見込みが5%あり、さらに、以前の状態にもどることもありえる。
ただ、マシューズはそのような奇跡的な変化にはあまり期待していない。その代わり、昔描いた人物のポートレートやスケッチを思い出し、できる時に、線や形を単純化することに描き方の焦点を切り替えた。
「とても見づらい。前は線や対象物の輪郭を見ていた。今は、大きい形にしか見えない。それをイメージや絵画に変換することができない。頭の中で見ているけど、いざ描こうとすると、出てこないんだ。」

“I know that I’m going to have to spend a lot of time working on it and I’m going to have to junk what I looked at before,” he said. “You focus on what you can do and you don’t focus on what you can’t do.”
Whether or not Mathews’ art career persists or not, he can make the claim he was the Frank Sinatra of Bethany art; he did it his way.

「できるようになるには、時間がかかるだろうし、以前見たものは捨てなければいけないだろう。」とマシューズは言う。「できることに集中し、できないことには力を入れない。」
アーティストとしてのキャリアが続こうと続くまいと、マシューズはベタニー美術界のフランク・シナトラだったと公言できる。そう、自分の信ずるままに、マイウェイを実践していたのだ。

From the time he was in kindergarten, Mathews remembers being a little bit better than everyone else. And it continued on through grade school.
But as Mathews entered the realm of professional art, he actually felt inferior to famous artists. He refused, however, to make art a 9-to-5 job like other pros.
“I was lazy,” Mathews admitted. “If you want to do something large scale, you have to work all day at it, day after day, hour after hour. I didn’t work like that. If you’re working on the big projection, you don’t want a lot of interruptions. Raising a family and work and making a living, it’s a life of full of interruptions.”
When asked if he had any regrets, he responded, “I can’t see it any other way now.”

マシューズは、振り返ると、幼稚園児だったことから、他の子ども達よりすこしできた。そして、それは小学生になってからも続いた。
ところが、プロの世界に入ると、実は、著名なアーティストの前にたじろいた。それでも、他のプロのように9時5時で芸術作品を作り出すことは拒否した。
「不精だったんだ。」とマシューズは話す。「何か大がかりな作品を手がけたら、1日中、毎日、何時間でも取り組まなければならない。私はそういう風にはしなかった。大きなプロジェクトに取り組んでいたら、中断されたくないだろ。家族の世話をして、働いて、生活費を稼ぐ。人生とは、中断だらけさ。」
後悔があるかと問われて、こう回答した。「今は、別の人生などとても考えられない。」

On Aug. 3, Gallery One in Ocean View will recognize Mathew’s career as an artist. Forty-five of his drawings and paintings will hang on the walls, honoring the man who has contributed to the Bethany Beach Watercolor Society, the Art League of Ocean City and the Rehoboth Beach Art League.
Mathews said he can’t express his gratitude to the members of Gallery One for creating the exhibit. Because he has been limited in what he could contribute to the gallery over the last year, it’s an amplified sense of joy and humility.
“The gallery members are being very kind to me and I’m very appreciative,” Mathews said. “I feel guilty. They’re doing more than they should.”

8月3日、オーシャンビューのギャラリー・ワンでは、マシューズのアーティストとしてのキャリアを評価して、45点の素描や絵画を飾り、ベタニービーチ水彩画協会、アートリーグ・オブ・オーシャンシティ、レホボスビーチ・アートリーグへの貢献を讃える。
マシューズは、展覧会を企画したギャラリー・ワンの関係者に対する感謝のことばが見つからないと話す。去年はギャラリーの為にできることが限られていたことを考えると、喜びと同時に謙遜の気持がふくらんだ。
「ギャラリー関係者はとても良くしてくれて、大変感謝している」とマシューズは話す。「後ろめたさを感じます。皆、必要以上のことをしてくれている。」