Tags

, , , , , , , , , , , , ,

<Hofburg Kaiserappartements>
<Sisi Museum>
Star jewelery of Empress Elisabeth
皇妃エリザベートの星の宝飾品

Original text from the website
ウェブページの訳
 
1a6ef3b390

Image: hofburg-wien.at/ Diamonds stars with pearls (Köchert) and without pearls (Fischmeister) © SKB

 
 

Franz Xaver Winterhalter’s famous painting of Empress Elisabeth in the Court Gala robes also made famous the Empress’s diamond stars. There were various versions of this, namely eight-pointed and ten-pointed stars with and without pearls.

フランツ・クサーバー・ヴィンターハルターの有名な宮廷ドレスの皇妃エリザベートの絵は、また、ダイヤモンドの星飾りでも知られてる。この装飾品にはいくつかの種類があり、8角のものと10角のもの、真珠がついているものとないものがある。

The most famous portrait of Empress Elisabeth is the 1865 painting by Franz Xaver Winterhalter, commissioned by Emperor Franz Joseph. It shows Elisabeth in the Court Gala robes with a dress designed by Worth and with diamonds stars in her hair. The painting also made the Empress’s diamond stars famous. Contrary to what was previously thought, there were various versions, namely eight-pointed and ten-pointed stars with and without pearls produced in a variety of jeweller’s workshops.

1865年にフランツ・クサーバー・ヴィンターハルターが描いた絵画が、最も有名な皇妃エリザベートの肖像画で、皇帝フランツ・ヨーゼフが制作を依頼した。エリザベートはヴォートがデザインした宮廷ドレスに身を包み、髪にダイヤモンドの星の髪留めをしている。この絵画は、エリザベートのダイヤモンドの星飾りも有名にした。これまで考えられてきたのとは異なり、この髪飾りには様々なパターンがあり、8角と10角、パールがあるものとないものがあり、複数の宝石商が制作した。

Ten-pointed stars without pearls were made by the jewellers Rozet & Fischmeister, amongst others, former Court suppliers. From this workshop, another set has also survived, consisting of a large star and two smaller stars without pearls, that is known to have originated from the Empress’s possessions and was to be seen for many years as a loan to the Sisi Museum.

パールのない10角の星は、元宮廷御用達の宝石商ロゼット・フィッシュマイスターが制作した。この宝石商にはもうひとつのの形の髪飾りが残っており、大型の星と2つの小型の星のデザインで、パールはついていない。皇妃が所有していたことが知られ、シシー博物館にしばらく展示されていた。

9bddf81b26

Image: hofburg-wien.at / Detail of Franz Xaver Winterhalter’s famous painting © SKB

The jeweller’s company Köchert, likewise a former Court supplier, made a number of diamond stars, including ten-pointed stars with pearls at the centre. One of these stars was made available as a private loan on the occasion of the large special exhibition to honour the 100th anniversary of the death of Empress Elisabeth in Schönbrunn Palace in 1998, but was then stolen and found again 10 years later on another continent. This star was bought by Schloss Schönbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H. in 2010. This original piece of jewellery is now on display as a permanent exhibit in the Sisi Museum.

同じく元宮廷御用達の宝石商クーヒャーは、いくつかのダイヤモンドの星の装飾品を制作し、その一つはパールを中央に配した10角の星だった。1998年、シェーンブルーン宮殿における皇妃エリザベート没後100周年を記念して、貸し出しを行ったが盗難に遭い、10年後に外国で発見された。この装飾品は、2010年にシェーンブルン宮殿文化運営会社(Schloß Schönbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H.)が買い取った。このオリジナルの宝石は、現在、シシー博物館の常設展で展示されている。

The set of stars shown on the Winterhalter painting consists of 27 diamonds stars which, as the portrait shows, could be worn individually or clipped together to create a diadem.

ヴィンターハルターの絵画に描かれているのは、27個のダイヤモンドが散りばめられた星で、肖像画にあるように、個々につけたかまとめて留めてダイアデム(宝石で飾られた帯状の髪飾り)としてつけた。

On the occasion of the marriage between Archduchess Elisabeth, the daughter of Crown Prince Rudolf and the granddaughter of Empress Elisabeth, to Otto Windischgrätz in 1902, this set of jewellery was included in the bride’s trousseau as imperial dowry.

1902年、皇太子ルドルフの娘で皇妃エリザベートの孫である大皇妃エリザベートと、オットー・ヴィンディシュクレッツの結婚の際に、この宝石が皇室持参金として嫁入り道具に加えられた。

The dowry included numerous pieces of jewellery, including the Winterhalter set with 27 ten-pointed stars without pearls, in a velvet casket, which can be seen on the photo in the Wiener Diarium. Contrary to what has been stated in the past in the literature, Empress Elisabeth did not give these famous diamond stars to the ladies and personnel of the court, but left them to her granddaughter.

ヴィンターハルターのパールのない27個の10角星は、ベルベットの宝石箱に入れて持参金に加えられ、Wiener Diarium(ウィーン新聞の前身)に写真が掲載された。これまで文献に記載されていたものとは異なり、皇妃エリザベートはこの有名なダイヤモンドの星の装飾品を宮廷職員に与えることはなく、孫娘に残した。

In front of the set with the diamonds stars, there are two small caskets with Empress Elisabeth’s pearl jewellery from what is known as the Petznek estate (second marriage of the Crown Prince’s daughter to the Social Democrat Leopold Petznek), which today can be seen in the Treasury of the Hofburg Museum. The attribution to the Köchert studio cited in the caption only concerns the bridal jewellery and not the whole of the jewellery in the trousseau.

ダイヤモンドの星のセットの前に、皇妃エリザベートのパールの宝飾品が入った2つの小型の宝石箱があるが、通称ペツニク邸(皇太子の皇女の2度目の結婚相手社会民主党のレオポルト・ペツニク)にあったもので、今日、ホーフブルグ博物館の宝物館に展示されている。キャプションに記載されているクーヒャルト・スタジオ帰属は、嫁入りの宝石のみで、嫁入り道具にあったすべての宝飾品ではない。

The trousseau, the bride’s wardrobe, was put on display in the Vienna Hofburg before the wedding on 19 and 20 January 1902, and reports were also published in the Wiener Diarium. The Court expected huge interest on the part of the Viennese population to see the princess’s dowry. The Burghauptmannschaft issued 4,000 admission tickets, but the crush was much greater than expected, leading to pandemonium.

嫁入り道具、花嫁のワードローブは、ウィーン・ホーフブルグ宮に1902年1月19日、20日の結婚式の前に展示され、Wiener Diariumにも掲載された。宮廷は、ウィーン市民が皇女の持参金を見ようと殺到すると予測した。宮廷の責任者(Burghauptmannschaft)は4000枚の入場券を発行したが、予想をはるかに上回る人出となり、大混乱になった。