Tags

, , , , , , , , ,

LIVE AUCTIONEERS

Lot 68

Marie-Antoinette, reine de France. Paire de mules de femme

Marie Antoinette's mules

Marie Antoinette’s mules

フランス・ツーロンで2012年3月に行われたオークションの資料
(仏文をGoogle Translateで英訳した文書を和訳)

ロット68

マリーアントワネット、一対の婦人用ミュール

フランス王妃マリー・アントワネット。白いシルクにトリコロールのリボンのプリーツをあしらった一対の婦人用ミュール。木製のヒール、皮のアウトソール、尖ったつま先、内側は白いスキン。経年劣化の状態。サイズは36.5インチ(23センチ)で、王妃マリー・アントワネットのサイズに対応する。

サイズ:縦23センチ、幅7センチ、ヒール4.5センチ

1790年頃の型

来歴:この一対のミュールは、かつて王妃が所有し、20年代にポール・ルソーが取得した。(フランス革命と国王一家監禁の歴史家であるルイ-レオン・テオドール・ゴスリンの名で知られるG(ゴスリン)ルノートル((1855-1945))の家族による)。この靴は、第一回全国連盟祭で王妃が履いた可能性がある。この行事は、国王ルイ16世とその家族全員が列席し、1790年7月14日にシャンドマルスで開催された。

個人蔵のアントワネットの靴と比較したとこと、両方ともサイズ、品質、製法がほぼ等しい。今回のミュールの方が、ヴェルサイユにあるランビネ美術館所蔵のものに近い。

文献:カルナバレ博物館所蔵のパリのアーモンド・ダヨ著フラマリオン・アーネスト版「フランス革命」108ページ掲載の同様の靴を参照。また、アンリ・ルクレ図書1901年出版モーリス・トゥルノー著「歴史の前のマリー・アントワネット」81ページ参照。

Advertisements