Tags

, , , , ,

‪Versailles after the French Revolution‬
ヴェルサイユ、フランス革命後

<From YouTube video published on Jun 12, 2012 by
‬さんのYouTubeビデオより 2012.6.12>
 
 
Narration in the video

Versailles aft the French Revolution

1789: With the Revolution, the royal reigning, the symbol of absolutism, was destroyed. The king left Versailles for good.
1793-1794: The collection of the paintings were taken into the Louvre, and the furniture was auctioned off and, after, was dispersed.  But, in the end, the palace was preserved.
1804: During the first empire, Napoleon renovated the Grand Trianon for the residence during summer months.
1815: Sometime later, the Louis XVIII restored the symmetry of the palace by electing the Pavilion Dufour.  Louis Philip transformed the former royal residence into a historical museum.  The former princes’s apartments were replaced by a large gallery of paintings, the Galerie Des Bataille.
1875: The fledgling French republic took a possession of Versailles and renovated the Salle Du Congre to accommodate the national assembly and the senate.
Versailles today is the result of the long history.  A former royal palace with prestigious  collections, a historical museum, a Republican palace.  It’s also a living parch which hosts festivals and shows dazzling, as it was under the Luis XIV, visitors from all over the world.

ビデオ中のナレーションの訳

フランス革命後のヴェルサイユ

1789: フランス革命により、国王の治世、絶対王権の象徴は破壊されました。国王は永遠にヴェルサイユを立ち去りました。

1793-1794: 絵画のコレクションはルーブル宮に移され、家具はオークションにかけられ、後に散逸しました。ただ、宮殿は最終的に保存されました。

1804: 第一帝政時代に、皇帝ナポレオンは大トリアノンを夏の離宮に改装しました。

1815: 後に、国王ルイ18世はパビリオン・デュフォーを建て左右対称のヴェルサイユ宮を復元しました。国王ルイ・フィリップは、元王宮を歴史博物館に変えました。王子の居室は、ギャラリー・バタイユという広い絵画館になりました。

1875: 新生フランス共和国がヴェルサイユ宮殿を所有し、会議の間を改修して上下院を収容しました。

今日のヴェルサイユ宮殿は、長い歴史の賜物なのです。一流のコレクションを持つ元王宮、歴史博物館、共和国の宮殿。ヴェルサイユは、また、ルイ14世統治下のように、世界中の旅行者の目を奪うフェスティバルやショウを開催する現存する宮殿なのです。

Advertisements