Tags

, ,

指輪は誰からの贈り物だったのか

Image: The Telegraph
Jane Austen’s ring
ジェーン・オースティンの指輪

Excerpt from guardian.co.uk, Friday 6 July 2012 13.41 BST 
guardian.co.uk
, 2012.7.6 13:41 BST から引用

The discovery of a previously unknown personal item of Jane Austen’s is extremely rare, said Dr Gabriel Heaton, Sotheby’s literature expert.
“The ring has always remained in the Austen family. Somebody rang

Lefroy, Thomas. Memoir of Chief Justice Lefroy. Dublin: Hodges and Foster, 1871.

up and said they had a ring they thought had belonged to Jane Austen and I immediately got that sinking feeling – a slight inward sigh – because it’s usually a matter of letting callers like this down gently,” he said. “But they were from her family, and the letter proves the ring’s 19th century provenance – it’s wonderful.
“It’s so unusual to find any personal possession of Jane Austen’s. There’s something very romantic about it.”
Heaton said there has been much speculation about who gave Jane the ring. “We took it to Dublin and showed it to people there, and a lot of people were saying it must have been given to Jane by her Irish lover, Tom Lefroy.” Lefroy was the “Irish friend” of whom Austen wrote to her sister Cassandra: “Imagine to yourself everything most profligate and shocking in the way of dancing and sitting down together.”
“Lover is slightly strong,” admitted Heaton. “They danced together and flirted, but she liked him even though she complained of his morning coat being ‘a great deal too light’. It has been thought that he could be the origin for the character of Mr Darcy.”
Heaton himself is more inclined to believe that the ring was given to Jane by her brother Henry. “The ring is in a box fashioned by a goldsmith in the City of London, and Henry worked as a banker there so would have been in the right place and had the money to buy it,” he said.

サザビーズ・文学部門のガブリエル・ヒートン博士によると、ジェーン・オースティンの私物でこれまで知られていなかったものが出てくるのは、極めて稀なケースだ。

カサンドラ・オースティンのシルエット
ジェーン・オースティンの姉  <Wikipediaより>

「この指輪はオースティン家に伝わってきたものです。ジェーン・オースティンが所持していたと思われる指輪があると電話があったとき、私は咄嗟に内心ため息をつきながらいつもの無力感に襲われました。通常、電話の相手をやんわりと落胆させることになるからです。」と博士が述べた。

「ジェーン・オースティンの持ち物が発見されるのは、非常にめずらしいことです。これにはとてもロマンチックな側面があります。」

ヒートン博士によると、誰がオースティンに指輪を贈ったのかということが話題になっている。「我々はこの指輪をダブリンに持って行き見てもらったところ、オースティンのアイルランド人の恋人であったトム・ルフロイに違いないと言う人が多くいました。」ルフロイについては、オースティンが姉カサンドラ宛の手紙に「アイルランド人の親友」と記している。「いっしょにダンスしたり座っておしゃべりしたりして、とても贅沢でショッキングなことをすべて想像してみて。」

「恋人とは少し言い過ぎです。」と博士は言う。「2人はともにダンスしたりふざけあったりしましたが、ルフロイのモオーニングコートが”軽すぎる”と非難しているわりには、オースティンはルフロイが気に入ってました。ルフロイは(「プライドと偏見」の)ダーシーのモデルではないかとも言われています。」

博士自身は、兄のヘンリーが贈ったのではないかという説に傾いている。「この指輪は当時シティ(ロンドン)の金細工師の間で流行していた箱に入っています。ヘンリーはシティの銀行に勤めていたので、場所からいっても経済的面から見ても考えうる話です。」