指輪、その後

theartnewspaper.com

抜粋の試訳

British doubts over Joan of Arc’s ring
英国ではジャンヌダルク所有に懐疑的

French owner petitions the Queen after relic is taken across the Channel following export licence faux pas
フランスの所有者は、輸出ランセンス違反を受け英国海峡を戻った指輪について英国女王に直訴

By Martin Bailey  |  9 June 2016
2016年6月9日

The Joan of Arc ring, which was temporarily taken out of the UK in March before an export licence was applied for, may not have belonged to the saint. After being taken to France by its new owner without proper documentation, it was quietly returned to London after pressure was exerted by the British authorities, The Art Newspaper has learned. An export licence was then applied for and was quickly granted, on the grounds that there was insufficient evidence that the ring had really once belonged to Joan of Arc.

ジャンヌダルクの指輪は、輸出ライセンスを申請する前に一時的に英国外に持ち 出されたが、実はジャンヌダルクのものではなかった可能性がある。アートニュースペーパーが入手した情報によると、指輪は新しい所有者によって正規書類不 備のままフランスに持ち込まれた後、英国当局の圧力により密かにロンドンに戻された。ついで、指輪が実際にジャンヌダルクが所有していた証拠が不十分とい う理由で、輸出ライセンスは直ちに適用された。

<….>

The foundation was warned that the ring had to be returned to the UK, and it complied in late April. Nicolas de Villiers, the foundation’s president, took the unusual step of making a personal appeal to the Queen to intervene, claiming that Queen Victoria had wanted the ring to be returned to France. He wrote: “We therefore address to a queen’s heart our humble request that this relic of our great French heroine be allowed to remain in our country, and that the current judicial difficulties be quickly resolved.”

ピュイドフュ・エスペランス財団は指輪を英国に戻すよう警告を受 け、4月下旬に従った。財団理事のニコラスドヴィリエール氏は型破りな対応を取り、英国女王に介在するよう個人的に要請した。ヴィクトリア女王は指輪をフ ランスに返還することを望んでいたと訴え、「従って、フランスの偉大なヒロインの聖遺物が祖国に留まることが許され現行の法律上の問題が早々に解決されま すよう、我々は謹んで女王陛下の寛大な御心にお縋りいたします。」と記載されている。

An export licence was granted promptly on 5 May. The expert advising Arts Council England, which administers the system, apparently felt that there was insufficient evidence that the ring had belonged to Joan of Arc. It therefore did not fall under the Waverley Criteria, which would have meant a deferral so that a UK buyer could match the price. We understand that some of the engraving on the silver-gilt ring could be 20th century. Puy du Fou now plans to display the ring in a monument to be built just outside the theme park.

輸出ライセンスは5月5日に直ちに認定された。輸出ライセンスを管理している英国アーツカウンシル・イングランドのアドバイザーは、指輪がジャンヌダルクが所有していたことの証拠が不十分であると見ている模様だ。従って、英国で購入資金を募るため輸出執行が延期されることになるウェイヴァリー・クライテリアには該当しない。銀メッキの指輪に彫られた文字の中には、20世紀のものがあると見ている。ピュイドフュは、現在、テーマパークのすぐ外側に指輪を展示するモニュメントを建築する計画を立てている。